Kiyoshi Kurokawa

Adjunct Professor, National Graduate Institute for Policy Studies (GRIPS);
Chairman, Health Global Policy Institute (HGPI);

黒川 清

政策研究大学院大学客員教授

日本医療政策機構代表理事

Biography

東京大学医学部卒(医学博士)。1969年~84年在米、1979年カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)医学部内科教授、89年東京大学医学部第一内科教授、96年東海大学医学部長、2003~06年日本学術会議会長、内閣府総合科学技術会議議員、2006~08年イノベーション25戦略会議座長、内閣特別顧問などを歴任。InterAcademy Council、International Council of Science等の国際科学者連合体の役員、委員を務め、WHOコミッショナー(2005-2008年)、Alexandria図書館(エジプト)、KUSTAR(アブダビ)、A*STAR(シンガポール)などのボードメンバー、Member of GSIAC of Malaysia's Prime Minister。その他、国会福島原子力発電所事故調査委員会委員長(2011年12月~12年7月)、World Dementia Council 委員(2014年4月~)など。Institute of Medicine of National Academies USA、米国内科学会マスター等。現在、IMPACT Foundation Japan会長兼ファウンダー、東京大学名誉教授、MIT、コロンビア大学客員研究員。Distinguished Research Affiliate, MIT Media Lab (2011-)、一般社団法人グローバルヘルス技術振興基金(GHIT Fund)代表理事・会長(2013-)。Foreign Policy 100 Top Global Thinkers 2012 に選ばれ、AAAS Scientific Freedom and Responsibility Award(2012) を受賞。 ブログ:http://www.KiyoshiKurokawa.com/